--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

 昨日の日記の 「きっと・・・また逢える」の続きでごわす♪



 画像がでかいので サムネイルにしてます
 画像を クリックして 拡大してみてくださいね








 りん1111




りん22





りん33




りん44






りん55






りん66






りん77






りん88






りん99






りん100






りん101






りん102







りん103







りん105






 




りん106


 


 


りん108


 


 


 


りん109


 


 


 


 


りん111


 


  おしまい


 


 


 


 


 


  楽しんでいただけたでしょうか・・・


 


 


  もう 十年くらい 前に なるのでしょうか
  私は、ブルーボタンインコと一緒に 暮らしていました


 


  名前は 「ゴン」


 


  その子とは ちょっと不思議な廻り合い方でした


 


  家族が その子を買ってきてくれたのですが
 その子は じっとこちらを見ていたそうな・・・


 「ここよ こっちよ」


 


 とでも いいたげに。


 


 


 そうして ゴンは 私の元へやってきました


 


 


 


 


 一緒に 暮らすうちに
 私は ある事に 気づいたのです


 確信 に 近い感じ・・・・


 


 どこかで・・・・??


 


 


 


 そう 子供の頃 飼っていた 桜文鳥の それ と
 瓜二つだったのです


 


 当時、私は その桜文鳥を 心残りな死なせ方をしてしまい
 その事を ずっと ひきずっていました


 


 


 


 「もう一度 一緒に暮らすことができたならば


 最期の その時まで 側にいたい」






 ・・・・・その願いが 叶ったのかもしれません





 きっと ゴンは あの桜文鳥の生まれ変わりじゃ
 ないのかなって・・・・





 そんなわきゃないやん!!って
 思いますよね(笑



 


 でも わたしは


 輪廻を 信じています




 だって ゴンは ほんとに




 あの時の 桜文鳥と


 物腰も 瞳も 性格も そっくりだったから・・・



 





 この お話の 「リン」 は


 その インコと文鳥 を モデルにかきました





 拙い絵と 文章


 最後まで読んでいただき ありがとうございました343


 


 


 


 


 


   

スポンサーサイト

コメント(15) TOP
Categorieイラスト描いたよ★

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。