--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2007’05.03・Thu

命をかけて

 みなさま こんにちは!!


 明日から いよいよGW突入でありますなぁ♪
 どこかへ おでかけなさるかたも 我が家のように
 そうでない方も・・・


 お怪我などないように、おすごしくだされ~♪




 昨日、見たテレビのとある番組で
 わんこの特集みたいなのをやってたのです


 で、娘とともに見てたのですが・・・



 最後に出てきたわんちゃん・・・



 



 主の女性が 災難で片足を失って 自暴自棄になってるところを
 女性の行動パターンを じっとみ、彼女がなにを必要なのかを
 察し、必要なものを 足の不自由な彼女のために
 介護犬なみの働きを するのですよ




 以前に飼われていた飼い主から、虐待をうけていて
 今現在の新しい飼い主にとても可愛がってもらっていて
 そのわんこは 新しい主のことが とても好きだったんだろうな



 そんな わんこの気持ちを痛いくらいに感じて
 女性も 立ち直られたのですが・・・




 思いもよらぬ 災難がまた やってくるのです




 彼女の家には そのわんこと もう一匹
 ネコがいました


 わんこは、ネコとも とても仲良くくらし 互いを家族と認めて
 いたようです



 そんなネコの ちょっとした行動が元で
 家が家事になっちゃうのです
 足の不自由な女性は どうしていいかわからず うろたえてしまいますが
 冷静に状況を読み取って
 主の女性を 家の出口まで 導きます



 それだけでもすごいのに・・・・




 このわんこ
 主の様子をまじまじと見詰め、今の主になにかが足りないことを
 察して、再び燃え盛る家の中へ 飛び込んでくの・・






 わんこが 必死に探してきたもの・・・・




 それは、片足を失った主の 義足だったのです





 


 もう・・ 言葉が出てきませんでした(>_<)
 この子は ほんとに この女性が大好きだったのだな







 ようやく 二人が 炎の中から無事出てきて
 助かったと思いきや・・・





 燃え盛る家の中から 聞き覚えのある鳴き声が!!!!!










 ネコちゃんか 炎にまかれて 逃げ遅れていたのです・・







 その声を わんこは 見逃しませんでした






 ネコちゃんの声を確認し


 再び 炎の中に飛び込んでいったのです・・・






 その後に 大爆発・・・・・・・・・・・・・・













小さな 二つの 命は もどることはありませんでした







 


 









 なんかね・・・なんか もう・・・



 涙が あふれて とまりませんでした





 悲しいのではないの



 ただ ただ 愛する家族のために


 命をかけた このわんこの気持ちや思いに




 胸がつまって どうしようもなくてね・・・・・







 もしかしたら・・・


 今飛び込んだら 危ないって 本能的に
 解かってたのかもしれない


 それでも


 家族として一緒に暮らした ネコを
 見捨てることが出来なかったんだ








 もし 私が


 この わんこの立場だったら・・・・



 燃え盛る火のなか 


 助けに行く勇気が あるだろうか・・・・







 




 人の世には どうして いじめなんかがあるのかな


 どうして 我が子を殺すつもりで 放置したりできるのかな


 保険金目当てに 配偶者を殺したり


 自分の欲望のためだけ 都合のためだけに
 他人を傷つけたり・・・・・




 人 だけが・・・・・・・・・・・・・・・・・






 とてもとても 切ないです






 














 がっちゃん


  一点の曇りもない 綺麗な瞳


  


  小さな頭で どんなことを 思っているのでしょう





25本日もご訪問ありがとうございます!!!

スポンサーサイト

コメント(11) TOP
Categorieこんなことありました~
Genre日記 Theme今日の出来事

Next |  Back

comments

ただ、ただ涙です。。。


こんなコメントですみません。。。

mayumi:2007/05/03(木) 01:51 | URL | [編集]

私も昨日、かしわと一緒に見ました。
ワンちゃんの健気な思いに心うたれました。
私だったらどうするか?
多分動けずに立ちすくむだけでしょう。
震災で私が職場の書類棚の下敷きになった時、
同僚の女の子二人が余震でさらに被害が拡大するの恐れのある中、
必死に私を助け出そうとしてくれました。
こういう時にその人が良い人生を過ごして来たかどうかが解ると思います。
ワンちゃん、この女性とネコちゃんの愛情をいっぱい受けていたのでしょう。
自分の周りの人間がそんな人ばかりになるような
愛情をいっぱい持てたらと思います。
うーん、上手く言葉にできないな。
かしわはどう思ったのかな?

きみまる:2007/05/03(木) 08:42 | URL | [編集]

おはようございます♪
ワンちゃんの話、以前、CNNで報じられていた時に知りましたが、映像で見ると、余計にしみじみしてしまいました。
以前、一人暮らし(ルチ付)してた時、具合悪くなって、部屋で倒れてしまったことがありました。しばらくして、目を覚ますと顔にシードの塊が落ちていて・・・その傍ら、ルチが必死とゲージとの往復をしていました。普段吐き戻しはしないルチが、私を助けようと思ったのか、懸命にシードを運んでくれていたのかなと思います。・・・それでは、回復できないとしても(苦笑)、嬉しかったですよ。
生き物は、人も動物も、みんな、言葉でなくても、強い何かでつながっているのかなと、そんなこと思いました。
だらだらと書いてしまって、すいません。
ガッツ先生のキレイな瞳は、何を思ってるのかな?

kanna:2007/05/03(木) 09:45 | URL | [編集]

涙があふれてきました。
ワンちゃんは、ほんとに主が大好きだったんですね。
私も家族や大好きな人が危ない目にあった時、臆せず助けに行けるか自信がありません。
マロンも言葉が通じないから、なに考えてるか分からないって思ってたけど、分かろうとするだけでちょっとした変化を読みとれたりするんですよね。
人間相手でもそう。
もっと相手を思いやる気持ちがあれば、だましたり、虐待することもないのにね。
ありがとうございました。
テレビ見てなかったんです。
改めて、色々考えることができました。

あにゃ。:2007/05/03(木) 09:54 | URL | [編集]

昨日に長~いコメントを入れたのに
いま見たら無い???(@_@;)
文字数が多過ぎたかな?それとも投稿誤り?
まぁ~気にさせるかもの前文になって御免なさいね!m(__)m

私ね大阪に一週間や東京方面で息子と三日間行動をともにして
嬉しいかな忙しいかなでした。

息子と富士国際花宴で白い大型インコに会えて
とても可愛いかったですよ!♪

でも、ここは鳥さんが少なくって図々しいです(笑)
掛川の方がペンギンさんもいるし
次は神戸にも行って見たいです♪

昨日のekoekoさんのブログの不運なワンちゃんの話に
涙まだ乾かぬ間に…孝行犬の切ない話を聞いて
また何て不運なワンちゃんがいるのでしょうと涙!

私達、人間の中には畜生にも劣ると言う言葉が
ありますが…このワンちゃんには、その辺の
いい加減な人よりも、言え私にも燃え盛る火の中に
飛び込む勇気があるとは言えません(^_^;)

猫ちゃんに会えていたらいいのにね!

自分が苛められたから人に優しくが基本と思いますが…
その基本がなかなか出来ない人、私もかも…(^_^;)
飼い主さんも義足を見るたびに、涙でしょうね!
もう一度、会いたいと!!涙々…気の毒です!!

おとぼけ:2007/05/03(木) 12:03 | URL | [編集]

ガッツちゃんの お目眼は
本当にけがれを知らない澄んだお目眼です!
可愛いくって♪チュッチュウ~したくなりますよ!(*^_^*)
こんな可愛い眼差しを撮れるのは
ガッツちゃんがekoekoさんを愛しているからですよ!♪
連休にお出掛けがないなら体調を整えてね!

おとぼけ:2007/05/03(木) 12:11 | URL | [編集]

コメントありがとう
いえいえ・・・ほんと、そうですよね!!
私もただただ・・もう涙でしたもん
こんなにも強く深く、相手を思いやる気持ちは
人間だけのものじゃない
動物たちにも確かに存在してるのだなって
とても嬉しい

ekoeko:2007/05/03(木) 20:58 | URL | [編集]

コメントありがとう
きみまるさんも、見てはったのですね~!!
ほんと、そうだよね・・
どんなときにでも、自分の周りにいるひとたちに
誠実でありたいし、愛情をもって接してあげれたらなぁっていつも思う
そこにいるだけで、周りの人が幸せな気分になるような・・そんな人でありたいな
このワンちゃんは、きっとそんなわんちゃんだったのでしょうね
かしわちゃんは、どんなことを感じながら
見てたのかな・・

ekoeko:2007/05/03(木) 21:03 | URL | [編集]

コメントありがとう~
ルチちゃん!!すごいじゃないですかっ!!
きっと、kanna さんをなんとかして助けようと
必死だったのでしょう
なんか、切なくなります
ガッツは・・・・多分、なんもしてくれない気がする(笑

>言葉でなくても、強い何かでつながっているのかな

 うん、ほんとそうだと思います!!
「一人じゃないんだ」ってそう思える瞬間が確かにあったりしますよね・・・
「繋がってる」んだと思います ふかーーいところできっと。

ekoeko:2007/05/03(木) 21:08 | URL | [編集]

コメントありがとう~
うん、ほんと切なくて涙がとまりませんでしたよ~
私も、家族がそういう災難に襲われても、
躊躇せず助けにいけるか・・・
今の気持ちでは、ただおろおろするだけかもしれないです
実際そうなると、体が勝手に動いてるかも・・??

>分かろうとするだけでちょっとした変化を読みとれたりするんですよね

うんうん、ほんとこれってそのとおりだと
思います
感じようとする心があるかないか・・・
それだけなのかもしれない
「あんな奴にわかるはずがない」と決め付ければ
感じるものも感じられないのでしょうね
他者のことを、少しだけでも気遣えるようになれば
きっといろんなことが変わる気がします
そうなってほしいなぁ

ekoeko:2007/05/03(木) 21:15 | URL | [編集]

コメントありがとう
あらら・・コメント消えちゃってたのですね(>_<)時々、あるのですよ~
お手数かけちゃってごめんなさいね!!
また入れてくださってありがとう
神戸の花鳥園も、オオハシくんはかなりの図々しさだよ!!(爆
ほんと、わんちゃんは災難だったけど
でも、あの時猫を助けに行かなかったら・・
きっと彼はずっと後悔して過ごしたのかなと思うとね
最期の最期まで、みずからの意思を貫き通せてよかったのかなとも思えるの
ガッツも時々、なんともいえない目で
こちらを見てるときがあるの
なんか切なくなります

ekoeko:2007/05/03(木) 21:22 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。